読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歓迎の舞い

昨日は豊川市

豊川小学校に行ってきました。

落語はやらずに

生徒たちに落語を教える講師として行ってきました。

この小学校では数年前から、3年生の児童を対象として

【語りの授業】なるものが行われていて

子供たちに、地元に伝わる豊川の民話を

落語のスタイルで語らせるという

なかなかユニークな授業です。

私はその落語口調を教えるという講師ですが

もう3年連続でやらせていただいています。

学校に着いて着替えて出てくると

私に気づいた生徒たちが、

「・・・あ!さん太さんだ!」

たちまち10人くらいの子供たちに囲まれました。

中にはテンションの高い男子が、

「♪さん太さん、さん太さん、さん太さ〜ん!」

意味不明な旋律で踊り出す子がいました。

そんなに歓迎されてるのかと思ったら、

ひとりの女子が冷めた目で、

「・・・バカにするんじゃないの」

・・・あ、バカにされてたんだ私(笑)

肝心の授業の方ですが、

先月は私の落語を見せて、

落語のやり方をザックリと教えたんですが、

今回は3年生の中から選抜で

計6人の子の落語を見せてもらいました。

とにかくどの子も生涯初高座なわけですから

緊張するなと言う方が無理な話です。

しどろもどろになったり、絶句してしまう子が

きっといるんだろうな〜と覚悟していたら

どうしてどうして、6人とも堂々たるもの。

大きな声としっかりとした語り口で

時には仕草を交え、豊かな表情で

私の予想を、はるかに越えるものを見せてもらいました。

大したものです。

来月、発表会があるそうですが、

是非とも子供たちには頑張ってもらいたいものです。

微笑亭さん太