A型就労支援の裏側

A型は雇用契約をして賃金労働をしますので、最低賃金を上回る必要があります。就労支援事業所は1名が1日通所してくるごとに6000円から7000円くらいの給付金があります。

給付金は工賃や賃金にまわすことはできません。

工賃や賃金は事業利益から捻出します。

 

 ですから、最低賃金以上を保障する就労継続支援A型事業所では事業自体がしっかりと利益の出るものでなくてはいけません。

しかし、ハローワークを通して障害者を継続して雇用する場合、特開金(特定求職者雇用開発助成金)というものが出ます。

これは、賃金として使ってもかまいません。特開金は週20時間以上、30時間未満の労働で半年ごとに20万円が2年間支給されます。

30時間以上の労働には半年ごとに30万円が2年間支給されます。特開金はA型事業所だけでなく一般企業がハローワーク経由で障害者を継続して雇用する場合ももらえます。

このため、特開金がもらえなくなる2年を過ぎると利用者を追い出しにかかる事業所もあるらしいです。

解雇すると、給付金が停止されるので、自己都合での退職にしたり、系列のB型事業所に異動させられることもあります。

また、1年間に通所者の50%以上が退職した場合も給付金が停止されるので、辞める人が多いときは辞めさせてもらえないこともあるそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不当解雇で訴訟すれば勝てますなwww

しかし、補助金目当ての経営だとは・・。

なかなかのブラックっぷりですな。

まともに、バイトした方が、社会に貢献している感があっていいかもね。

ちゃんと賃金が出るような、飼い殺しじゃない、まともなA型を選ぶ必要があるね。

悪しきA型というものもはびこっているようで。

世も末ですな。

http://mbp-tokyo.com/cuvel/column/53254/

広告を非表示にする