実はあと1人

中学、高校、大学の受験が相次いで終わり、その後の公立中学の学年末テスト、私立中学と高校生の学年末テストもほぼ終わって来て、塾はだいぶ落ち着いて来ています。

しかし、実は、今年度“何とかしたい”最後の1人の生徒がいて、今その生徒に注力しています。

その生徒は、都内で近年大変な力を付けて来た進学校の高校生ですが、中学入試で学費免除の特待生として合格、以来毎年何人もが容赦なく普通クラスに落とされる厳しいカリキュラムと繰り返しの選抜に耐えて来たものの、年々厳しくなる選抜に、今年から来年にかけての特待生の維持がやや怪しくなって来ているのです。

彼は高校1年生で、もし規定の条件をクリアできなければ高校2年生は普通クラスに入るのですが、そうなるとずっと苦労を共にして来たクラスメイトとも一緒に修学旅行に行けなくなり、高校2年まではその他の行事もあるので何とかしたいということなのです。

うちの塾でも、今は彼のことを第一に考えた体制をとっており、連日一緒に頑張っています。

ちなみに、特待生から普通クラスに落ちるというとさも出来が悪いかのように思われてしまうかもしれませんが、中学1年から高校3年までの間に、実際半分近くが普通クラスに行くことになるシステムです。

要するに特待クラスは、国立最難関大学向けにカリキュラムが組み立てられており、そのために多くの科目でハイレベルの内容を習得する必要があり、それに振り落とされる形になるのですが、一般的に見れば大変優秀な生徒です。

ちなみに、高校3年では特に学校行事もなく勉強もますます大変になるので、どうしても特待を維持しようという気はないらしく、普通クラスでのびのびと私立大学向けの勉強をしながらうちの塾でサポートを受けるのも良いかもと話しているくらいです。

私の見るところ、そういう感じになって上手く行けば早慶レベル、悪くてもその下のレベルには必ず入れる能力を持っています。彼の名誉のために言っておきます。

この彼を、何とか特待生として高校2年生にできれば、本当の意味で良い春が迎えられると思います。

実は、彼のテストも明日が最終日、何とかできるように今日まで全力を尽くします。

広告を非表示にする