ジレルの少女

その日 やって来た若者は それまでのガミラス人たちと違って

怖れや憎しみの感情を見せなかった

彼から感じたのは 

深い孤独とむなしさだった…

その頃の「彼」は尽きることのない政争と謀略の日々に疲れきっていた

彼女たちを引き取ったのも ただ愛玩動物を手に入れたのと大差はなかった

それは彼女もわかっていたが それでも嬉しかった

自分のできることで精一杯彼に尽くしたかった…

広告を非表示にする