読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忖度

耳慣れない言葉がマスコミの中で踊っていますね。相手を慮ってそうかもしれない方向に心砕くことぐらいの意味でしょうか。英語に直そうとすればなかなかに表現は難しいということであります。英語圏の人たち、忖度などしないのでありましょうか。

忖度したのは頼まれたわけでもないし、法律上で違法でもない、勝手にそう思ったのでしょうよということ?お役人忖度したかもしれないけど、違法行為をしたわけではない、いくら攻めても法律上で違法でなければ限りなくグレーではあっても、それは濃いグレーか、薄いグレーかの違いだけかも。

そもそも日本人て一般に地位を利用して忖度したことを、そんなに潔癖性でもないだろうけど激しく嫌悪しますね。中国では忖度して相手に利益享受させることは策士である、国にとっておおまかに利益になりゃ立派と褒めそやす風土があるのだって。

アメリカの大統領婿さんの会社に中国の企業が破格の利益だすようにと投資しますという話しで、この話しあってから一つの中国という従来の考え方は尊重しますということになり、そういう忖度は立派だという風土あるみたいです。ここで投資するという会社はここでは利益あげられずとも、それこそ国のほかのところから大いに利益あげるようにと話しが転がっていくでありましょう。一つだけの経済活動だけではなく、また経済活動が安全保障分野とも結びついているという考え方にたって、それは大人の対応というものでありましょう。

お金も持っていないのに私立学校を建てたい、自分が思っている考え方を押し進める学校を作りたい、そんでもって右がかった保守層の人から寄付金募ってそれで学校を建てたいというのがそもそも無茶だよな。宣伝広告塔として首相だのその夫人だのを担いだのでしょうが、今までそういう視点でお金集めようとすると、有る人はそれを「右村」と言ってますが、どれだけ頑張っても4億円しか集まらないものだそう、それが限界らしいと。右村の集金規模ってそんなものらしい。それでは学校運営などできませんて。

たかだかという言い方も相応しくもないと思いますけど、そんなわけのわからない人たちと付き合っている夫人もいかがなものかなのですが、明確な法律違反でもないものをいつまでもねちこちやってりゃあげくに自分所の党にまで火の粉飛んで来る始末。

国有財産の売却ってたいてい相手は県だの市だの、評価額どうりに例えば売ったとしても裏から補助金という名目でお金はバックされるのだよね。そこのところだけ取り上げて違反だと騒ぎ立てていつまで国会を空転させているのだと思うね。

役人が法律一番良く知っていて、そう簡単に法律違反などはやらないよ。

忖度という言葉と漢字、ついでに感じ、日本中の人覚えちまったよね。