読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【京都】小学校の給食調理業者が破産 新学期前に

小学校の給食調理業者が破産

京都・宇治、新学期前に

 

京都府宇治市で小学校の給食調理を委託されている業者が28日までに、破産手続きに入った。

新年度以降も契約が残っているのは莵道第二小、木幡小、御蔵山小の3校で、新年度の給食開始が4月12日に迫る中、市教育委員会は対応を急いでいる。

 

業者は双葉給食(大阪府高槻市)で、破産管財人を務める弁護士の事務所によると、27日に大阪地裁から破産手続きの開始決定を受けた。

負債総額は約3億2千万円。

 

同社との委託契約は木幡小(約780食)が2017年度まで、莵道第二小(約610食)と御蔵山小(約970食)は18年度まで契約が残っている。

 

給食実施には代わりの業者選定と予算の確保などが必要で、市教委学校教育課は

「給食提供ができるよう関係部局と協議の上、対応を検討している」

としている。