朝日

 『春眠暁を覚えず』と言うが、『暁』は陽は未だ片鱗さえ見えておらぬ暗い頃で、現代人からすれば朝からは程遠い。

 『春は曙』とも言うから、矢張り古代人も「朝」を楽しんだのだろう。

 私的に公休なれば、朝朗を過ぎても蒲団に包まれていたいが、生憎そうも出来ない…せめて曙迄は臥床していよう。

広告を非表示にする