Hey Jude/The Beatles

ビートルズで最も売れたシングル。7分を超す長い曲だが、歌の部分は3分ほどで、あとは延々と続く長いコーラスのリフレインで構成されている。ポール・マッカートニーが単独で作った曲であり、レノンとの共作に名目上なっているが、レノンは作曲、作詞とも全く関わっていない。賛否両論に分かれた問題作であるアルバム“ザ・ビートルズ”の録音と並行して68年晩夏に制作されている。

ご存知のようにイントロがなく、いきなり歌から始まる。非常に質感に気を配った音作り。極端なくらい意識的な演奏がされており、意識的な録音である。それはまずピアノの音でわかる。かなり低い音での演奏なのだ。途中から入ってくるドラムスも同様で、スネアドラムも非常に低くチューニングされており、タムと聴きまちがえるほど。タムはさらに低く、フロアタムなど殆どバスドラムのような音質になっている。これらは音楽としての質感を重視した考え方であり、体感的に重量感を持たせることで、歌への説得力を高めようとしたのだと思われる。もう一つ気になるのは、タムもスネアも意図的に音をこもらせており、クリアに聞こえない。ドラムにタオルを被せ、演奏したと言われている。当時の録音エンジニアは後にプロデューサーになるクリス・トーマスであり、彼の録音技術は世界の最先端を行っていた。ビートルズは当時あらゆる試みをスタジオでやっており、考えられる手は全て試した。未知の音響効果に挑戦するようなこれらのアイディアは、全てがポールによるものと考えられ、彼の編曲家としての天才的素養を顕著に示している。この音楽的実験は本作が歴史的名\xB6

覆箸気譴觸斗廚幣魴錣砲覆辰討い襪隼廚錣譴討覆蕕覆ぁ\xA3

ジョンの息子ジュリアンに捧げられており、幼いこどもたちへの応援歌とも言える。

ジョンはポールの最高傑作だと認めている。

広告を非表示にする