読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【大阪高裁】「オタ芸」訴訟 控訴棄却 「オタ芸は雰囲気を高揚させる側面もある」「鑑賞の仕方はさまざま」

「オタ芸」訴訟

男性の控訴棄却

「鑑賞の仕方はさまざま」

アイドルのライブでファンがかけ声を出す「オタ芸」のせいで演奏が聞こえなかったとして、観客の男性が主催者側に約100万円の損害賠償やライブのやり直しを求めた訴訟があり、大阪高裁は27日、訴えを退けた1審判決を支持し、男性の控訴を棄却した。

田中敦裁判長は

「音楽鑑賞の仕方はさまざまで、観客のかけ声は雰囲気を高揚させる側面もある」

と指摘した。

訴えられたのは、ライブを主催したラジオ関西(神戸市)と神戸出身のご当地アイドル「コウベリーズ」のメンバー(当時)など。

 

男性は2014年1月、神戸市内でライブを鑑賞。

一部のファンが曲に合わせて

「オー、オー、オー」

などと大声を出したため演奏が聞こえず、主催者は退場させるなどの対応を怠ったと主張した。

 

田中裁判長は

「オタ芸を迷惑と非難する意見がある半面、雰囲気を高揚させる側面もある」

と指摘。

ライブはかけ声を禁じておらず、主催者側にファンを退場させる義務はなかったと結論づけた。

 

オタ芸は熱狂的なファンの応援で、かけ声だけでなく、曲に合わせてジャンプしたり、ライトを振り回したりする。

斜め上から腕を回す「ロマンス」や直立不動の「タイガー」などの呼称がある。