白い犬

最初の犬はちづろうが小学2年生のに従兄弟の犬の子をもらったものだ

ちづろうが29歳の頃に最初の犬(ロク)が死んで、

しばらくたつとマルチーズを散歩させてる人をみると、

胸をしめつけられるようなそんな気分になった。

6ヶ月程して新しいマルチーズを一般家庭から譲ってもらい、2代目ロクとなづけ、

可愛がっていた。(とりわけ父が)

2代目ロクが若くして死ぬと、父がペットロスになっておかしくなってきたので

ペットショップで売れ残りのマルチーズ(モモ)を値切って買ってきた。

父が亡くなって、ジムで年配の男性を見ると、胸が締め付けられるような気分

になるが

じじいは買ってくる訳にも拾ってくる訳にもいかない。

キュウは拾い子だけど、亡くなったらさびしくて別の子を貰い受けてくるのかな〜

広告を非表示にする