咳止まらぬSNS日記35

こっそりと日記を再開してゐるが、案の定これを見る人もほとんど居らなくなった。

地味ながらづっと継続してゐるものには、人はなんとなく立ち止まる。

「あぁ、まだやってたのか」

といった感慨で、また立ち寄ってみるか、とも思ふのだ。

怠惰な継続に意味はない

とのたもう人もあるが、ワシはさうは思はぬ。

人生には、ただ愚直に継続してゆく事でしか結べない実、といふものがある。

新しいものばかりを優先し、変化ばかりを追い求め、それに付いてゆけぬものをあざ笑う権利はたれにもない。

人生の半分か、三分の一か、長い時間と経験を経て、よぅやく身につけた「術」が、後半生になんの役にも立たなくなってゐる、そんなものを「文化」と呼んでなるものか。

また 旅が始まる。