ジャネット・クック事件

報道の世界であまりに有名なこの事件。

忘れないように記録しておく。

 

時は1981年。

ワシントンポスト」の若い記者が、「ジミーの世界」という記事を書いた。

8歳のヘロイン中毒者について書かれたものだった。

しかし、記者の経歴に疑いが持たれただけでなく、記事そのものも疑われた。

ピュリッツアー賞に選ばれた記事だったが、報道として欠かせない事実確認を怠っていた。