既得権益との戦い妨害の主役は獣医師会顧問民主党内に獣医師議員連盟

加戸守行前愛媛県知事妨害の主役は獣医師会顧問の北村直人

鳩山政権が実現に向けて検討、と表明したら、民主党内に獣医師議員連盟

加戸守行前愛媛県知事櫻井よしこ

櫻井よしこ氏が毎週金曜日に配信しているインターネットニュース番組言論テレビ櫻に加戸守行前愛媛県知事82が出演した。加戸氏は岩盤規制の主役は日本獣医師会顧問の北村直人衆院議員と断じ、民主党政権で前に進むと、すぐに議員連盟民主党内にできてブレーキがかかったと、北村氏の影響力の大きさを表現した。

加戸氏は安倍晋三首相の濡れ衣を晴らしたいと前置きし、私が平成11年に知事になって最初に取り組んだのが今治の新都市開発事業と述べた。松山大学の誘致が失敗し、学園都市構想が宙に浮いていたとし、予定地が空き地のままになっていたと述べた。

加戸県政のころは、前半期に鳥インフルエンザが起き、アメリカでは牛海綿状脳症狂牛病、が猛威を振るい、後半も口蹄疫が宮崎県で発生し、四国に上陸させないというのが喫緊の問題で、公務員獣医師が足りず、獣医師総動員となり、検疫態勢に苦労したことを述べた。その上で公務員試験を免除してもいいから、公務員になってくださいという状態だったと当時を振り返った。

こうした経緯から今治に先端研究ができる獣医学部がほしいという話になり、平成19年に愛媛県今治市が共同で国家戦略特区に申請した、と経緯を説明した。

加戸氏の指南役米ジョージタウン客員教授の経験者から米国では狂牛病以来、最先端の研究が進んでいる。日本も後れてはいけないと持ちかけられたのをきっかけに、文部科学省の官僚出身の加戸氏が文科省に掛け合ったと述べた。

加戸氏は私の出身官庁だから簡単かと思ったら非常に厚い壁にはね返されたと表現し、福田康夫内閣時に構造改革特区を利用して申請したが、岩盤のようにはね返されたと表現した。加戸氏の説明によると、構造改革特区の15回の申請はすべて却下された。

加戸氏は獣医師会の強力な働きで文科省農水省も逃げたと表現し、却下の背後に日本獣医師会の圧力があったと明言した。

第一次安倍晋三内閣の2年目に国家戦略特区法が平成25年制定され、この特区を利用することになった。国家戦略特区1号は新潟市獣医学部構想。翌26年に今治市が第2号の名乗りを上げた。

加戸氏は構造改革特区は大相撲でいえば15戦全敗。国家戦略特区に乗り換えた。そちらの方がやってくれそうだなということで名乗りを上げたと事情を明かした。

だが構造改革特区で安倍内閣時にも5回はねられたと事情を明かし、新潟市の構想が出た後にこっちの方が見込みがあるのかなと、同時並行でありながらも国家戦略特区に乗り換えたと述べた。

加戸氏は民間有識者会議は、獣医学部を自由に作らせようと作業を始めたが、獣医師会が強烈な反対をしたと述べた。

さらに加戸氏は平成19年、文科省に話を持って行ったら2カ月後、獣医師会から大学獣医学部の入学定員は増やしてはいけないとの決議文が出たと述べ、構造改革特区の申請を麻生太郎内閣にした際には、北村直人日本獣医師会顧問70、元自民党衆院議員がすぐに東京から日大の総長と一緒に飛んでこられて反対をしたと明かした。

加戸氏は北村さんがすべての主役を演じておられるのかなと表現。

平成22年2月、民主党鳩山由紀夫内閣下で民主党議員の働きかけで実現に向けて検討と獣医学部構想がランクアップした。

政治が前向きになり、良かったなと思ったら、民主党内に2週間後に民主党獣医師議員連盟が結成され、68名が加入したと加戸氏は述べ、執拗な獣医師会のロビー活動を明かした。

愛媛県選出の民主党議員は、議員連盟に入らず、オブザーバー扱いだったが、政治連盟結成後急に民主党内の雰囲気が変わり、ブレーキがかかったと述べた。自民党政権に変わると、今度は自民党獣医師議員連盟が動いたと説明した。

加戸氏は北村氏をタイミング良く動く人と表現し、我が動いたら石破4条件ができたとも述べ、自民党から新進党に移られるなどしたが、常に獣医師のために動く人と北村氏を表現した。編集チーム三枝玄太郎

こういう既得権益を守ろうとする勢力が官僚という権力と合体して、

日本をどんどん衰退させ、世界の笑い者にしてきたのですね。

日本の国益、日本人にとって日本がどういう国であったらいいのかという立ち位置が全くなく、

ただ敗戦のドサクサで得た既得権益を守ってきたことがよくわかりました。

真っ当な政党と政治家が少ないのは知っていましたが、

この獣医学部新設問題で安倍倒閣を推進している腐れ切った人たちを一掃し、

そのシステムを変えなければ日本に未来はありませんね。

獣医師会の動きが早く、文科省との癒着は明らかです。

なぜ、52年も新設を認めなかったのか、この獣医師会の権力がなぜこんなに強いのか、

大きな疑問が残ります。単に獣医師を増やしたくないというだけではない

既得権益がきっとあるのです。

遥洋子はこの愛媛県前知事の加戸氏の事を

自民が呼んだ自民に都合よく喋るだけの人と切って捨てた

絶対に許してはならないと思う

全く逆の事が前川についても言えるって事すら想像すら出来ないのが遙洋子です

加戸おじいちゃんが総理の濡れ衣を晴らすと口にした背景には

愛媛県知事時代のえひめ丸事故の森総理に対する

酷い報道が思い出されたからということがあったようです言論テレビ

あの時も県知事会見で総理はこんなに尽力してくれたと言ったのに

全く報道してもらえなかったと

あの時と同じことが今回も起こっていると

事件当時、森がゴルフをしていたと報じられたんだよね。フェイクニュースだったのかも。

半分フェイクニュースだな。ゴルフはしていた。

でも、ゴルフ場で座っているわけにいかないじゃない。後ろの組がどんどん来るんだから。

そうじゃなくても嫌がられてるんだよ、SPが周りにいるから。だから、早くホールアウトしよう

としたら、事故の報告を聞いてるのにゴルフやってたとか叩かれて。

そのあとも着替えてから官邸に行ったほうがいいか?と聞くと、そうしてくださいって言うんで

途中で着替えて行ったら、今度はすぐ飛んで行かないで、シャワー浴びてから行ったと書かれた。

でも、ゴルフウエアのままで官邸に入ったら、今度はなんて書かれたことか!

絶対に叩かれますよ!

森そういうバカな話なのよ。

とくにひどいのは、冬なのに私のゴルフ映像は真夏の格好で、麦わらの帽子に半袖のシャツ。

それをNHKも含む全テレビ局が扱うんだから。

別のときの映像だったんですね。

多分創成期からずーっと同じ事繰り返してきて、しかもそれが未だに

有効な手段なんだろうけど、いい加減気付きたいな、視聴者も。

ネットやらない層、ネット使ってもそういうのに興味が無い層に

どうやって訴えたら聞き入れてくれるんでしょうね。

ゴミがゴミだって。

美しい国

加戸氏私はまもなく83だが、

生きてるうちにメディアが正常な状態に戻って頂かないと

安倍総理が目指す美しい国は実現しませんね。

美しい国を歪めてるのはマスメディア。

最高権力を握ってるんだから自浄能力、

自制心を持たなければメディアは滅びると思う

その通り。